外注による人材育成研修にかかる費用は

研修の内容によって費用は異なる

新人社員研修などの人材育成研修を外注した場合、その研修内容によってどの程度の費用が掛かるのかが異なります。例えば基本的なビジネススキルの研修など講義形式で行われる研修の場合、2時間程度のものでおよそ3万円から10万円ほどが相場とされています。それに対して体を動かして覚えるようなプログラムが含まれている研修の場合は、1日から2日かけておよそ20万円から40万円ほどが相場だと言われているようです。このように時間がかかる内容になったり研修自体に日数が必要になれば、外注する際にかかってくる費用も大きくなります。

このためどの程度の時間や期間で研修を行うのか、その内容なども踏まえて外注する際の参考にすることが大切です。

外注する際の講師のレベルによっても異なる

また一般の研修を行っている企業に外注する場合と、派遣講師などを利用している企業に外注する場合では費用負担が異なってくることもあります。特に派遣講師を利用している企業に外注する際、有名な講師や人気の講師に依頼するとなると1回の研修にかかる費用が100万円を超えるケースもあるようです。これは外注して研修を請け負う講師にかかる費用が大きなポイントとなっており、講師が研修会場に行くまでの交通費などの負担も含まれている場合があります。

もちろん費用をかけるだけ人材育成研修の内容も充実したものになることが期待できますが、研修を外注する際には講師のレベルや人気または知名度もチェックしておくとある程度相場を把握しやすくなります。

会社などで従業員を育成するときに行うのが人材育成の研修です。この研修ではビジネスマナーやコミュニケーションといった社会人に必要なスキルから専門的な知識を学ぶことを目的として実施されます。

© Copyright Human Resource Development Quarterly. All Rights Reserved.