外注による人材育成研修の魅力は

新鮮な気持ちで研修に臨むことができる

外注による人材育成研修は、自社内で講師を手配するよりも費用が高くなる傾向がありますが、社員が新鮮な気持ちで研修に臨めるという大きなメリットがあります。多種多様な事業を展開している企業の中には、テーマによって各分野で実績を上げた講師に研修を任せているところが多くあり、スキルアップや自己啓発のためのチャンスとして位置づけられています。研修講師の経験が豊富な専門家の魅力については、各地の研修会社の公式サイトなどで詳しく紹介されることがあります。そこで、有意義な研修を行ううえで、信頼のおける研修会社のサポートを受けながら、社員研修の対象者や主なテーマなどを考慮して時間を掛けて選定作業をすることがおすすめです。

人事や総務の担当者の業務負担の軽減に繋がる

様々な理由で人材育成研修の外注をする企業の数は年々増加していますが、中でも人事や総務の担当者が少ない企業においては、早期に外注化に踏み切ることで業務負担の軽減効果を期待することができます。また、社員研修の担当者の企画立案の経験が浅い場合には、スムーズに研修のテーマや内容を決められないケースもあるため、トータルサポートに定評がある研修会社に相談をすることがおすすめです。一般的に、研修会社に人材育成研修の企画や講師の手配などを依頼する場合には、高額な手数料が掛かることがありますが、新規の法人顧客を対象としたリーズナブルな研修のプランを扱っている会社を選ぶことにより、コストカットを図ることも可能です。

© Copyright Human Resource Development Quarterly. All Rights Reserved.